22.任務『ゾラ・マグダラオス誘導作戦』☆6

22.任務『ゾラ・マグダラオス誘導作戦』☆6

前回任務でディアブロスをなんとか狩猟し、マグダラオスを地脈回廊から遠ざけるための誘導作戦を決行することとなりました。

竜人の助言なかったら新大陸もろとも終わってたってことですよね?

それでははりきってまいりましょう。

作戦の実行場所にきましたよ。

作戦は現地で説明。

時間大丈夫なんかい?w

エネルギーを溜めたマグダラさんを障壁の奥に進ませたら新大陸終わりってことです。

今回はリーサルウェポンもあるとか・・・

撃龍槍!!

試し撃ちでデモンストレーション。

こんなの食らったらマグダラさん爆発してしまわない?w

なんとしてもマグダラさんの進路を変更します。

皆に緊張が走ります。

調査団リーダー「来たぞ」

マグダラさんのおでましのようです。

総司令「行くぞ!!」

みんなの士気が一気に高まります。

うしみつのポーズw

完備された障壁と撃龍船。

ハンターたちが一斉に翼竜でマグダラ本体を目指します。

 

おりょうも翼竜でGo!

でっかい鍾乳石。

ヒビ割れしてていまにも崩れそうです。

落とせってことですねw

マグダラさんの背中にきましたよ。

捕獲作戦で一回訪れてるので同じように進めていきます。

とりあえず目の前の排熱器官を攻撃。

排熱時は回避しないととんでもないことになりますよ〜

ここでリーダーの指示が。

調査団リーダー「天井の鍾乳石に接近している!落下させる準備はいいか!」

まじか、どうすりゃええ?

上を見るとたしかに鍾乳石がええかんじのところまできてます。

しかし排熱器官を潰したいところ!

リーダー「進行方向左側に鍾乳石の柱がある!」

わかってますよぉ!しかし排熱器官!

リーダー「あれにも火薬を仕掛けておいた!うまく使ってくれ!」

とにかく鍾乳石やら使ってほしそうなので排熱器官後回しにして向かいますw

鍾乳石が近くに見えるところまで上を目指して登ります。

これね!

スリンガーだろね。

はいきた!

くらってんのかどうかはさておきやることやりましたので、排熱器官向かいますw

マグダラさんひるんでいるとのことです。よかった!

じゃあいきましょう♪

あ、採掘採掘〜♪

 

排熱器官ぶっこわすで〜!!

マグマ活性化につき注意とのこと。

わかってるぜ!おらおら〜!

ぎゃあああああああ!!

油断するとこんな感じですw

やっと壊せました。

けっこうタフですわ。

 

次の排熱器官。

思ったよりタフなので気刃をできるだけつかって攻めます。

 

あ、助っ人ハンターさんきてくださってる。よろしくお願いします!

 

排熱器官三つ目!

ガンガン斬りかかります。

「翼竜につかまって移動します」

え?

まだ壊せてへんw

ちょっとまってw

 

と、中途半端なまま翼竜さんに強制移動w

障壁にきました。

仕方ない。ここで迎え撃ちましょう!

とりあえずは障壁に設置された兵器をとにかく撃ち込む。

あ、助っ人ハンターさんのオトモちゃんw

うしみつと一緒に大砲詰めてくれてましたw

ありがとう〜!仕事早いわ!

俺は押すだけw

玉込めは任せて他チェックいきます。

向こうにNPCいますね。

しっかり5発分用意しといてくれてました。

さんきゅー!

おら、くらえ!

じゃ、ここも任せて他の仕事しましょ。

拘束弾があるねぇ。

指示でも出るんだろか?

とりあえずはまだ放置しておきましょうか。

近くにあったバリスタ拾って撃てるだけ撃つ。

うーん、ダメージ低いな。狙い所がわるかったか。

とか考えてたらなんか溶岩でぼーんされましたw

あ、いまのでバリスタ壊れたのね。

 

とにかく手足を止めず、出来ることやりましょうか。

助っ人オトモちゃんがしっかり込めてくれてたので発射!ありがとうね〜!

よーし、向こう側もチェックしよ〜。

あ、うしみつ。

バリスタ撃ってくれてるん?可愛すぎやろw

ここは頼んだで〜!

 

で、ここで指示が出ました。

例の撃龍槍を使えとのこと。

船どこや〜!?

あったわ。

飛びおりー。

スイッチ発見!

おお、すげぇ!

3千以上いってますw

 

船の奥に人影が・・・

あ、助っ人ハンターさんこんなところに居たんですねw

ここは頼みました!

 

翼竜で戻ります〜

さ、俺をいざなってくれ!

うしみつとNPCが用意してくれた大砲!

しかと使わせてもらうぜ!

助っ人オトモちゃんもありがとう!

感謝の気持ちを込めて発射!!

NPCもしっかりお仕事してくれてます!

みんな玉込め優秀だ〜!(撃ってくれとは言わんw)

 

よし、じゃあまた戻って向こう側チェックしにいくか!

走り回っている自分がなんか面白くなってきたw

とここで単発式拘束弾の存在を思い出す。

一番近くのバリスタは序盤で大破。

その隣も早々に大破。

障壁内にバリスタない!

撃てへんやんけ!w

とりあえず大砲込めてくれてたので発射!さんきゅー!

 

しゃーない船の方行ってみるか・・・

受付嬢「総司令!マグダラオスの体力減少十分です!」

あれ?

総司令「撃龍槍は!?」

とどめの予感。

撃てー!!

ギュルルル!

ズドーン!バリバリ!

マグダラのボディに直撃する撃龍槍。

回転式の槍はなおもボディを削り続けます。

硬化したボディは貫通こそしないものの、槍は折れずにその巨体を押し切りました。

せやろなw

これは想像するだけで痛そうw

倒れこむマグダラさん。

船にも波が打ち寄せます。

マグダラは・・・

夕日の沈む海に入っていきました。

ゴ◯ラを彷彿とさせるシーンです。

成功しました!

初期団の人たちからすれば調査開始より数十年ですもんね。感慨深い。

 

受付嬢ノートから何か取り出そうとしてます。

陸珊瑚の台地でフィールドマスターと生命の移ろいに関して話していたときに降り注いだものですね。

なにかじんわりとくるシーンでもありますな。

マグダラさんを誘導するという大業を成し遂げた調査団は皆で拠点に戻ります。

みんな無事でよかったね。

 

死期を迎えて彷徨ってるマグダラさんにちょっかい出してボコボコにすると考えると少しかわいそうな気もしないでもないですが、新大陸および生態系を護り維持することを考えると偉業を成したと言えますね。

総司令曰く、海で最期を迎えたマグダラはまた新たな生命の苗床になるとのこと。

またそこから始まる物語とかもあるのかとワクワクせずにいられんw

 

とここで一人の人影が・・・

強面の男、どなたでしょうか・・・

次回に続きます。

 

導きの青い光が輝かんことを

 

今回のダイジェスト動画は↓

 

 

 

モンスターハンター:ワールドカテゴリの最新記事