26.探索『龍結晶の地を探索する』

26.探索『龍結晶の地を探索する』

前回記事からまた時間が空いてしまいました。

遅刻を嫌う大団長を地脈回廊に待ちぼうけにしていたわけではありませんよw

前回任務ではリオレイア亜種を狩猟。

 

その後、大団長がアステラに現れ次なる任務へ付いて来いとおっしゃってました。

新たなる地へ足を運びます。

すでにご到着の大団長。「遅刻もなし」が口癖。

地脈回廊を進んで行くと巨大な結晶がある場所へ出て来ました。

受付嬢も感心です。

壮大な結晶はいったいなんなのでしょうか。

エネルギーに満ち溢れているようです。

ここが新たなフィールド龍結晶の地。

火山地帯のような独特の岩場があったりマグマがあったり、高所では氷や結晶などが共存する天国とも地獄ともつかない地です。

調査団がアステラを拠点にさまざまな調査をしている間、大団長はその性格から独自で調査を進めていたそうです。

ネルギガンテを追うことにより、この龍結晶の地に行き当たったそうな。

そこにはエネルギーをひしひしと感じる結晶が大量に存在してます。

小さなものから大きなものまで。

ただならぬ地であることは間違いなさそうですね。

大団長ですらハッキリわからないようです。

大きな謎といえばマグダラオス の古龍渡りも少しずつ見えて来てはおりますがまだ未解明です。

このエネルギーの地が関係しているに違いありません。

その鍵のひとつがネルギガンテとのこと。

マグダラオス 現るところネルギガンテ在りということでなにかしらの関係性があるに違いがありません。

巨大古龍が新大陸をめざす古龍渡りを調査し、ネルギガンテの存在や龍結晶の地の謎など色々ややこしいのかそうでないのかわからなくなってきましたw

ただ言えるのは、新たな地を探索して新たなモンスターを探し出し、狩猟していこうってことでw

 

ここでは龍結晶の地を歩いていろんなモンスターと一挙に遭遇しましたよ。(特にストーリーに絡んでこない所、なんだかはしょられてる感をどうしても感じてしまいますがw)

爆鎚竜「ウラガンキン」

岩賊竜「ドドガマル」

溶岩竜「ヴォルガノス」

 

色々出て来ました。

にしてもネーミングや肩書きとか考える人すごいなぁ。

たのしいやろなw

 

この後は結晶の地を徘徊して植物、鉱脈、骨塚、などなどを手当たり次第収集しましたよ。

あと、ネルギガンテの痕跡なるものも集めなくては行けなかったので探索して収集しました。

ネルギガンテの調査レベルが上がれば次はネル狩猟っぽいです♪

てことで探索終了。

 

というわけで龍結晶の地も増えたことですので、ここでフリーや調査クエを回して金銭や消耗品の増加。

装備の整理なども少ししてみました。

新たな装備はリオレウス亜種をメインにした装備です。

頭はレイギエナ。

うしみつはディアブロスに。

特にこだわりはなかったのですがライトボウガンを使うのに比較的いいかなと思ったのとデザインが気に入ったから。

装飾品などがまだ全然ないのですが下手くそなので加護スキル(たまにダメージが緩和される)などを出来るだけ持って行くようにしてます。

すっかりガンナーに転身してますが落ち着いたらまた色々やっていきます♪

とりあえず任務クエを終わらしたらそこからはゆっくり装備なんかも研究しこだわっていきたいですね〜

 

導きの青い星が輝かんことを

 

探索のダイジェストは↓

モンスターハンター:ワールドカテゴリの最新記事