29.任務『爆炎のテオ・テスカトル』★8

29.任務『爆炎のテオ・テスカトル』★8

前回任務に引き続き、今回も古龍討伐任務となります。

各地で痕跡集めをした結果、テオ・テスカトルを追跡・討伐することとなったようですよ。

 

それではさっそくいってみましょう。

マグマだらけのとんでもなく暑そう(熱そう?)なところに来ました。

痕跡に沿って歩いていくとカットシーン開始。

マグマの洞窟を進んでいきますよ〜

めちゃくちゃ熱そうなところへ自ら進んでいくおりょう。大丈夫か?w

マグマがあたりを囲み、地面からは溶岩が吹き上げる炎感極まりないフィールド。

マグマや溶岩でじらしますね〜w

炎王龍「テオ・テスカトル」

ライオンぽいフォルムに鬼のような眼光、悪魔のような羽やツノをもつ古龍。

めっちゃ貫禄ありますが短足なのがスコティッシュフォールドみたいで可愛いですw

 

狩猟開始。

一旦来た道を引き返して安全な場所まで戻り救難発射!(くりくりうしみつかわええw)

炎が危険だということはわかるのですがまずはパターン見極めないとですね。

のっけから炎の粉塵撒き散らしてきます。

とりあえずヘッドショットはダメージ通るみたい。

後方に向いたときに撃つと全然ダメージとおらないです。

全身に炎を纏っているからですな。

口から炎のブレスを吐きますが、偶然立ち位置がよかったのか、ブレスが頭上をかすめる感じでノーダメでしたw

当たったら痛いやろなぁ。

炎の攻撃を連続してきます。

が、こちらはガードで応戦。

そうなのです、私ヘヴィボウガン 持ってきてみましたw

ライトでもよかったのですがガードがかなり使えそうだったので今回はヘヴィで。

さきほどの攻撃は無事にガードできたのですが、その直後に足元からマグマが吹き上げてきました。

これはフィールドダメージ?テオの必殺?

いずれにせよこれもなんとかガード。

ヘヴィでよかった。

飛び上がりましたね。

ヘヴィは納刀が遅めなので閃光スリンガー使いたいけど怖くてガード待ちw

いきなり突っ込んでこられた。

ガード待ちしててよかったw

そこからは距離を保ちつつ、ヘッドショットを一発ずつ丁寧に狙う地味な戦い方を心がけましたw

でも距離をとるとしょっちゅう接近してくる。

また飛び上がりました。

急降下突進してくるのでしょうか・・・

むむむ!?

なんかパワーを溜めてるぞ!!

これはもしや・・・!?

スーパーノヴァ(エネルギーを溜めて一気に解放する大爆破攻撃。即死もありえるw)!?

その時、いきなり地面から溶岩吹き出し!w

やっぱりこれはフィールドダメージか!!

溶岩はなんなくガードしましたが・・・

やっぱりパワー蓄積してる!やばいw

でも、こっちにゃガードがあるっっ!!!!

ち〜ん

やはり古龍。

なめてかかるとこうなるんですよw

ガードにもレベルやスキルによる増強があると思うのですが足りなかったのでしょうか?

普通にガードしてたつもりが字のごとく即死でしたw

 

ご近所のキャンプから再出撃。

あまりの即死っぷりに驚きましたw

スパノヴァによって怒り状態が解放されたのかまとっていた炎がましになっているような・・・

後方からのダメージが通っております。

貫通弾に切り替えて少しでもダメージ稼ぎます。

頭のほうは通常弾で着実に撃ち込んでいく。

ヘヴィとはいえ歩きながら撃てるのはいいですね。

いざと言うときはガードもできるし。(さっき逝ったけどw)

基本、モンスターが口からなんか吐いてるときは横がガラガラなので攻撃チャンスです。

テオも例外では無いようで、このときは顔面ダメージいれやすい。

ちょっとしたタイミングで地面から溶岩吹き出してダメージくらいますw

体力を見るとオレンジになっていますが、これは炎やられ状態。

みるみる体力が削られていきます。

やべーとか思ってたらテオが大接近してきて乗っかってきましたw

ちょちょちょw

なんとか回避。

受け身連発で体についた炎も消えるのでゴロンゴロンで移動。

ゴロンゴロンしてたらまた地面から溶岩吹き出して思い切りヒットしましたw

運悪すぎw

この後、フィールド移動。

いちおうこっちの攻撃も入ってるってことかな。

ここらへんで助っ人ハンターさんたちが一斉に参加。みなさまよろしくお願いします!

 

一旦キャンプに戻ります。

弾薬補給のほか普段はあまり使ってなかった鬼人薬や硬化薬を使っておくことに。

防具のレベルは上げておりますがかなり不安があったのでとにかくできることはやっておこう精神でw

 

少し時間がかかってしまいましたが再出動!

助っ人ハンターさんたちはすでにテオと戦闘を開始している模様。

みんなお待たせ〜!

ちょうどテオが倒れてバタバタしてました。

いきなり大チャンス!

地面の地形ダメージ(マグマ)なんか気にせずに必殺の狙撃竜弾をセット!!

こういうダウン時のチャンスでこそ真価を発揮するので地形ダメージも厭わずにスタンバイです!!

弾薬装填時からずっとジュウジュウなってますが気にしまへんw

狙撃態勢になっておもいきり溶岩の上に寝そべりますが気にしまへんw

なんとかテオが起き上がるか起き上がらないかのところでいいところに撃ち込めました。

狙撃竜弾は貫通弾のようなイメージで使うとダメージが通るようです。

この場合、テオのお尻から頭にかけて串刺しにするように狙いました。

弾薬が標的の内部に入っていき直後に連続的に爆破(徹甲榴弾的な感じ)するのですが、今回は手応えありましたよ!

直後に大ダメージを与えることができました。

めっちゃ爽快!!w

助っ人ハンターさんたちのおかげでございます。

持って来た鬼人薬や硬化薬を飲みます。

これで少しばかりはマシになるでしょう。

中距離を保って通常弾で顔面を意識して当てていきます。

プレイヤーが四人になるとモンスターの気が散り散りになるのでこっちとしてはだいぶ不意打ちがしやすくなってきました。

体力は増えているでしょうが、やはり戦いやすい。

あと精神的にもテンションあがるしw

またまたダウンをとってくれました!

大チャンス!

狙撃竜弾の冷却時間ちょうど終了し使えるようになってましたのですかさず弾薬を切り替えます。

このガチャガチャしてる時間がすごくもどかしくもありスリリングw

なんとか間に合いそう。

と、すぐ隣にもまったく同じタイミングで狙撃竜弾を構える助っ人ハンターAさんが!!

これはすごく良い画やぁw

さぁ、タイミング合わせて〜・・・

ツープラトン狙撃竜弾!!!!

完全にキマりました。

これほどに爽快な一撃は今までになかったといっても良いでしょうw

 

そこからはひたすら顔面狙いのヒットアンドウェイでテオのすばしっこい動きから逃げ回る戦いが続きました。

テオに溶岩のところに押しやられました。

どんどん地形ダメージくらいますw

あついあつい!

さらに火の粉の爆破攻撃。

吹っ飛んだ先はマグマw

踏んだりけったりですが、マグマステージなんてこんなもんですよね。

呑気なこと言ってたらターゲットにされたようで急に真横にきました。

顔面攻撃w

体は地形ダメで燃えてるしテオに追い打ちかけられるしで一気に瀕死に追い詰められましたw

幸い吹っ飛んだ先がフィールドエリアをつなく通路だったのでそこに逃げ込み、落ち着いた上でなんとか回復できましたw

また戻ってきて少し戦っているとテオのダウン。

若干出遅れたので狙撃竜弾は使わず、通常弾で一撃でも多くと撃ち込みました。

そしてここでテオ・テスカトル討伐!!

 

完全に助っ人ハンターさんたちに助けられましたがこれもモンハンの醍醐味。

皆さまありがとうございました!

次回はヴァルハザク討伐となりそうです。

古竜任務は緊張感が全然違いますねw

まだまだもっと強いモンスターやクエもあるのでしょうがおりょうはここでもいっぱいいっぱいですw

最近、力尽きる回数が格段に増えましたからねw

 

導きの青い星が輝かんことを

 

今回の動画は↓

モンスターハンター:ワールドカテゴリの最新記事