31.任務『収束の地』★9

31.任務『収束の地』★9

前回任務にて古龍討伐を終え、ついに収束の地といういかにも最後っぽいフレーズの任務を受けることとなりました。

 

古龍討伐を終え、アステラに帰還すると大団長が戻って来ており「地脈エネルギーが異常に高まっているところ」に一緒に行こうとのこと。

竜人ハンターさんも先に行っているそうで舟に乗らずに待っているとのことであまり待たすわけにもいかないのでとりあえず受注して行くことにしました。

もう何を準備していいのかもわからないのでとりあえずは基本セットと回復薬を多めに携えて出発しました。

洞窟のような場所へ行くと大団長と竜人ハンターさんが待機しておりました。

洞窟内には川があり一隻の舟があり、それで奥地へ向かうこととなりました。

受付嬢に手を振るうしみつ。

どんだけ可愛いんや!あざとすぎるw

今回のクエストばかりは嫌な予感がするとのことでいつになくテンション低めの受付嬢。

いつもあんなに元気いっぱいやのにこっちまで不安になるやろがい!w

舟はどんどん奥に進んでいきますよ。

それにしても凄い結晶の数・・・

いったいいくらくらいになるんやろ?とかお金のこと考えてしまいそうですw

舟を置いて少しあるくとついに発見しました。

もっともエネルギーに満ちている場所。

結晶が密集しいかにもって感じです。

高純度の結晶を発見した竜人ハンターさんは動揺しております。

一体何が・・・

その時、目前の結晶の中からレーザービームのようなものが炸裂。

周囲の結晶群を破壊するほどの強力なレーザーが暴発しております。

不運にもレーザーを食らってしまった竜人さん。

着装していた装具により一命は取り留めたか・・・

その時、結晶から何やらうごめく物体が・・・

そう、これがエネルギーの源、その正体でした。

巨大な龍?でしょうか。

危険を感じた大団長が挑もうとしますが、おりょうが止めに入りました。

「ここは俺に任せろ」ってか。

俺にそんな自信は正直ないぞw

しかし大団長、一寸の疑いも無く全てをおりょうに委ねて竜人ハンターさんを安全な場所に連れて行くことに。

大団長「奴をこの穴から出すな!絶対にだ!」

得体もしれん超絶巨大なモンスターを前に人間一人残して「絶対に出すな!」とか命令できんわw

あれ!?うしみつもいっちゃうの!?wちょw

まぁ男たるもの不可能と思ってもやるしかない時もあるのでしょう。

地に足は付いてませんが、始まったからにはやるしかありません。

 

ということで狩猟(もはや狩猟なのかどうかw)開始!!

あ、うしみつ戻ってきてくれてたwよかった!

よーし、じゃあひと狩りいきますかぁー!!

 

ということで、今回の狩猟は動画でお楽しみください。

基本的に狩猟内容レポートブログとして書き記してきましたが今回は一応ラスボス戦なのでということで・・・

けして端折ったわけではございませんw

 

今回の狩猟動画↓

12:42~の狙撃竜弾が気持ちいいです♪

 

ゼノ・ジーヴァ戦、簡単なレポートといたしましては・・・

序盤エリアで落石できることにすぐさま気づけたのは運が良かったかと。(毎回ギミックは意識してますw)

あれ使わないともう少ししんどくなってたハズ。

弾薬は豊富に用意しておく必要がありそうでした。

ゼノが第2エリアへ移動する際、一時的に〝未発見〟となったのでそのタイミングでキャンプに戻り補充することができました。

口レーザーやパワーゲイザーのような強力な技を持っておりますが、予備動作も大きく動きは遅め、当たっても即死とまではいかなかったので冷静に避けながら戦えばそんな難しい相手でもないと感じました。

しかしラスボスだけあって体力も多く比較的長い戦いになりがちだとは思うので集中力を途切らさないようにしないといけませんね。

近接武器だとそれはそれでしんどかったかもしれません。

貫通弾はめちゃくちゃ気持ちよかったw

特別胴体が長いモンスターなので貫通はうまくあてるとかなり気持ちいいです。

任務クエもすでに終わっている熟練ハンターであればなんでもない相手かもしれませんが初見はけっこうしんどい相手かも。

あとゼノちゃんの声はかわいい。

 

ということで、主たる任務クエストはこれにて終了。

ブログを書き始め三日坊主にだけにはなりたくないと、とりあえず任務クエストを1つずつ順番にレポートする内容で更新して参りました。

今後はイベントクエストやフリークエスト、その他トピックなどで書けそうなものがあれば随時更新していくつもりです。

 

にしても、エンディングでテーマ曲が流れたときはちょっとグッときましたね。

このメインテーマ名曲だと思います。

同時に任務が終わってしまったのが少し寂しかったですね。

しかし、モンハンはこっからでしょ!と思いたい。

いや、こっからでしょ!

 

 

任務クエストを一通り終えて・・・

 

後半戦、ガンナーメインでクエをこなしたのは正解だったかもしれません。

初期は太刀をブンブン振り回すスタイルで遊んでおりましたが、中盤以降でガンナーに。

敵に接触せずにヒットアンドアウェイを繰り出しやすいガンナーは防御力が低いと言えど、敵からの攻撃にあたる機会はだいぶ減るので必然的に力尽きる回数は減ります。

なので狩猟時間さえ気にしなければ、とにかく逃げ回りながらチマチマ当てる戦法で弱い防具でもなんとかクリアできるような感じがしました。

後半はガンナーに頼りきりになってしまいましたw

 

メリットとしては他に、空中のモンスターでもいつでも攻撃できる・虫系のモンスターを粉々にせずに剥ぎ取り可能な状態で殺虫しやすい・銃撃のみならずボウガン本体でシバくことも可能(スタン取れたり)・ステージのギミックである落石を誘発するのもガンナーだといつでもできる(剣士はその辺の石ころなど拾わないとだめ)・モンスターを捕獲する際も弾薬を捕獲弾に切り替えつつアイテムはシビレ罠を選択しスムーズな捕獲を可能にするなど、微々たる事ではありますがちょっとしたプレイ周りの利便性も感じました。

プレイする時間上、あまり防具などをカスタマイズしたり吟味する時間がなかったため、私のように淡々とストーリーをすすめて行きたい方にはガンナーおすすめかもしれません。

 

あとはもっぱら乗りフェチになりました。

他プレイヤーさんからはどのように捉えられているのかはわかりませんが、あくまで一個人としての考えですと乗りはアイテムを消費しない〝罠〟と思っております。

基本的に罠はどっさり(シビレ罠、落とし穴、シビレ罠作成キット×2個)と持って行く方なのですが乗りを成功させることができればあと2回、運がよければ3回ダウンを取ることができます。

罠を全部使ったとしたら6回〜7回はモンスターの足止めをできるということになります。

個人的にはこのダウンはかなり貴重なチャンス(起爆榴弾、狙撃竜弾など)だと思っておりますので積極的に狙うようにしていきました。

まぁ正直いうと下手くそなのであまり動かれると怖いんですよw

乗りを使えばアイテムも消費せずにすむので優先的に使うようになりました。

 

などなど、ライト・ヘヴィ共にボウガンは個人的にかなり使いやすく感じました。

任務終わったので今後は遊びながら色々試してみるかな〜

 

導きの青い星が輝かんことを

 

 

モンスターハンター:ワールドカテゴリの最新記事