【APEX LEGENDS】超初心者の方へお伝えしたい心得 その2

【APEX LEGENDS】超初心者の方へお伝えしたい心得 その2

さて、前回の続きです。

 

前回は基礎中の基礎というか、エーペックスで早く戦えるようになるためには、基本的な事を覚えようってお話をいたしました。

 

ゲーム内容や武器アイテムなど当然のような事柄でしたが、まずは基礎をしっかりという点では最低限覚えないといけないことなので頑張ってくださいw

 

今回は少し踏み込んで実践するにあたって頭に入れておけばいいこと、をお伝えしようと思います。

 

実戦に行く前にヘッドホンを用意しよう

これ、めっちゃ大事です。

ゲーム慣れしてない人からすれば分からないことかもしれませんが、対戦シューティングイン置いていまや音は必須要素。

APEXでも例外ではなくヘッドホン必須となってますのでこれだけは安物でもいいので最初に用意しておこう。

最近ではゲーミングヘッドホンと言われるゲームに特化した良い物もさまざまなメーカーから販売されております。

 

ジャンプマスターは譲渡できる!

ゲームが開始して飛行機からジャンプをするのは三人のうち1人が代表で操作をします。これがジャンプマスター。

もし、初心者で不安というのであれば誰かに譲渡しましょう。(画面にジャンプマスター変更のボタン操作説明が出ています)

結構肝心な場面なのでコツがわかるまでは譲渡一択でOK。

 

ジャンプマスターのコツってあるの?

あると言えばあります。

 

まず、降りる速度に関しては、左スティックを最大にまで前に倒し、かつ右スティックも最大に前に倒した状態が最速です。(いわゆる直滑降)

 

シップから早く飛び出し、かつ真下に降りるのが最速ですが、いつも真下に行きたい場所があるとは限らないので遠方の際はマップを開いてシグナルを立てシグナルまでの距離が500m近くまで来たら飛び出せは問題ないかと。

 

諸説ありますが、800mとかで飛び出して目指すと、あとから飛び出したであろうチームに抜かれることがあったので、できる限り直滑降に近い角度で降下できる距離まで耐えるのが良いかと思いました。

 

次に降りる地点。

こればかりは経験が物を言うと思います。

ゲームの回数をこなすと、どのエリアが人気でどのエリアが落ち着いているのかということはだいたい分かってきます。

しかしシップの航路は毎回変わるので、今の航路だとここが人気だろうな、この航路だとあっちには行かないだろうな、という〝読み〟が必要になってきます。

 

例えば、いつもは激戦区になるスカルタウンも、航路的に遠方になると敵チームが全然こないいわゆる〝貸切タウン〟になるケースもあります。

 

ざっくり言うと、接敵したければ航路中央までの人気スポット、ハイティアエリア。敵が怖いという方はできるだけ最後まで待って遠方の隅っこのエリアなどを目指すとよいでしょう。マップ中央に位置するバンカーや、カスケーズ、ブリッッジはどの航路でもアクセスしやすいことが多く、単純にマップ中央よりですので接敵の機会は増える傾向と言えます。

 

ジャンプ時からシグナルに注目

誰かがジャンプマスターをしているとして。

その人が降りようとする場所にだいたいシグナルを立ててくれます。

「ここへ降りよう」ってやつですね。

まずはこれを確認できるようになりましょう。

レジェンドのセリフと共にピコンとシグナルが立ったらあたりを見回してみましょう。

シグナルが立っていればそこに画面の中央を合わせてシグナルボタンを押して返事をしてあげてください。良い兵士は返事も早い。

 

シグナルが見当たらないときは全体マップを開いて確認するとわかるかもしれません。

 

シグナルを確認できたらあとはジャンプを待つのみ。

 

飛び出し、地表が迫ってくる直前で隊列から切り離し、少し散開しましょう。

同じサプライボックや家屋を漁ると仲間同士でアイテムの取り合いになります。

 

最初の荷物漁り

最初にして最大の難関でもあるのがこの初手初動。

良い武器や防具がない状態で敵とあってしまうこともあり、いくら強い人でも即壊滅することもあるのでこればかりは運と言っても過言ではありません。

即死でも落ち込まずにw

 

ジャンプ時に仲間から散開するとは言いましたが〝付かず離れず〟の距離感を意識しましょう。

ミニマップを見て三人がそばにいるなというくらい。

しかし漁る場所は別々で効率よくアイテム集めをしましょう。

 

敵さんがいくら猛者と言えど一度に撃てるのは基本的に一方向のみ、三人が入り乱れれば全員の生存率も満遍なく上がり誰かがキルをとってくれることもあります。

 

孤立してしまうと逆に三人に襲われ、チームは二人となり一気に不利になります。

 

アイテムを集めないといけない傍で、仲間の位置状況も把握しつつ何かがあれば即座に集まれる位置を意識して行動しましょう。

 

文が長くなってきましたので今回はここまで。

次回も続きを書いていこうと思います♪