【APEX LEGENDS】超初心者の方へお伝えしたい心得 その3

【APEX LEGENDS】超初心者の方へお伝えしたい心得 その3

少し時間が空いてしまいましたが、心得の続きを書き綴っていこうと思います。

 

前回は、実戦に向かうにあたってジャンプしたところまでで気をつけた方がいいのでは無いかと思ったことを書きました。

 

ここからはいよいよ戦闘に身を投じていきます。

よろしくお願いいたします。

 

仲間の状況を読む

このゲームはチーム戦です。

自分がよければ良いと言う考えは捨て仲間への思いやりも意識しましょう。

 

味方の体力・耐久値を把握する

体力状況(アーマー耐久値)については、3人分が常に画面に表示されております。

ゲージが減った状態で回復する気配が無いときはおそらく回復系アイテムが不足しているのかもしれません。

自分が余分に所持しているのであればメニューを開き、アイテムを落としましょう。その際にシグナルを立てて上げると親切です。

 

味方の所持している基本装具を把握する

アーマー、兜、バックパック、ノックダウンシールドこの4種類に関しましてはメニューを開けば各自、どのレベルの物を所持しているかが一目瞭然です。

 

余力があるなら、シグナルを立てて仲間の足りていない装具の在りかを教えてあげましょう。

 

持っていない装具はもちろん、持っている装具よりレベルの高い物があれば教えてあげるといいでしょう。

 

シグナルを積極的に活用し仲間のシグナルにも耳を傾ける

これが初心者が一番できていないことだと感じます。

しかし、大切なことなので意識してプレイしてみてください。

 

このゲームの画期的なシステムのひとつにシグナルの柔軟性があげられます。

ボタンひとつで敵の位置、次に向かいたい場所、物の在りか、仲間への指示などだいたい意思疎通ができます。

 

ほかに、自分が欲しい弾薬や武器のカスタムパーツなども「○○が欲しい!」と主張できるのです。

 

足りない弾薬などがあればメニューから武器のアイコンの場所でシグナルボタンをおせばその武器の弾薬が欲しいと伝えれます。(アタッチメントも同じくアタッチメントのアイコンでシグナルを押せば伝えれます)

 

最初にそれを伝えておけば、その後弾薬があれば都度教えてくれる親切なプレイヤーもいます。

 

逆もしかり、仲間がシグナルを出していれば何か伝えようとしております。

敵がいるのかもしれません。

アイテムが足りないのかもしれません。

どうしても行きたい場所があるのかもしれません。

さっき自分が探していた物を見つけてくれたのかもしれません。

 

すべてのシグナルには何かしら意味があるので、よく耳をすませ、かつキルログ欄を見て何が欲しいといってるのか確認してみてください。

 

例えば、自分の体力が減っているのに気づいていいない時に他の仲間が気づいて注射器などを落とし、せっかくシグナルを出してくれているのに気づかないということは避けましょう。

 

戦場では刻一刻と敵と戦う時が迫っており、のんびりしていられません。

遠慮などはせずに欲しいものは欲しい、在るものはここに在ると積極的にはっきり伝えることで、協力し効率よくアイテムを充実させ、マッチを有利にしていけるのです。

 

 

今回は仲間の状況を知ること、シグナルの重要性について書きました。

このゲームはチームワークが必要です。

仲間への思いやりがあれば部隊はより強力になります。

そのためにも空気を読めるプレイヤーを目指し、仲間への気配りにも気をつけましょう。

その一歩として仲間のシグナルは出来る限り拾い仲間が何を言っているのかは把握するように努力しましょう。