【APEX LEGENDS】やってはいけない or やらない方がいいこと

【APEX LEGENDS】やってはいけない or やらない方がいいこと

こんにちは♪おりょうです。

何回かに渡って超初心者さん向けにコツみたいなことを書いてきました。

今回は番外編的な感じで、これはやらないほうがいいかなってことを思いつくままに書いていこうと思います。

 

APEXはオンラインで人と人が闘い、かつ安地の収縮もランダムなため毎回、戦場は違う様相を見せます。

ですので全て一概には言えず、ケースバイケースと言えばそこまでなのですがご了承ください。

 

途中抜け

はい。よく問題視されていることですね。

自分が死んだからといってむやみやたらに途中抜けするのはやめましょう。

闘っている仲間がいる間はできる限り見守るようにしましょう。

 

しかし、こうは言っておきながら止むを得ない場合もあるかと思います。

例えば最初のジャンプからして挙動がおかしかったり、仲間とは全然違うスポットに降下したり・・・あきらかに協調性を感じれない仲間だと判断した時は見限って次のマッチにいくのも仕方ないと思います。

 

仲間が少しでも頑張ってくれている姿勢を感じたら信じて待機しましょう。

 

野良でやっているとしょっちゅう途中抜けがありますがそのままデュオ状態でチャンピオンをとることも珍しくはありません。

残っていたらチャンピオンだったのに・・・(いや、逆に居なかったからなのか?w)

 

意外と何が起こるかわからないのがエーペックスの醍醐味でもあるので、途中抜けはマナー的な視点からもあまりしない方が良いかと思います。

 

私は基本的には待機しますが、前述したとおり仲間に違和感を感じたり、不可だと思った時は途中抜けしますw

上手い下手、階級などの戦績は問わず、普通にプレイしていてくれたらまず抜けたりしません。

 

オープンボイスチャットからの雑音

これ、野良でのお話ですが、マイクがオンになっていて雑音や生活音がものすごくうるさい人がたまにいます。

 

おそらく日本人の方には少ないと思われますが、全て外国人の方とも限らないので。

 

話すなら話すでいいのですが、特に話さないのにマイクをオンにして、雑音やマイクのノイズが延々となりつづけると、音が大切なエーペックにおいては非常に耳障りです。

 

最初のレジェンド選択画面で△ボタンを押せば部隊のオープンボイスを一括でオフにできますが、常にこれをオフにするというのもどうかと思うので、できれば話さない方は自身でマイクをオフにしておいてもらいたいものです。

 

無茶な突撃

よくいるのがとにかく一人で突っ込みがちなプレイヤー。

 

フルパーティーなど気心が知れていたり、お互いのスキルをわかっての上での戦略的なもので、全員がそのプレイスタイルを良しとしているのであれば全く問題ありません。

 

しかし野良において無茶な凸ほど無謀で愚かなものはありませんw

 

いくら腕に自信があっても相手は高確率で3人で動いているのです。一人で突っ込めばダウン取られる確率が高いことくらい目に見えております。

 

しかも、高確率で仲間との距離がある状態でダウンした仲間は即抜けしますw

まぁその人なりのプレイスタイルなのかもしれませんが、そういうスタイルで楽しみたいのならそういうフレンドで徒党を組んで遊んでいただきたいものです。

 

ジャンプの譲渡

これも、初心者さんならまだしもそれなりにプレイしている人なら避けるべきです。

 

あまりに下手なジャンプで序盤から窮地になるくらいなら誰かに任せた方がいいというのはありますが、それなりにジャンプをできるようになった人の話です。

 

ジャンプマスター以外の人は高確率でスマホなどをいじっていることが多いw

心の準備が出来ていなかったり、画面に注目していない状態で譲られると気づいていないこともあるんですよね。

 

「え、おれがジャンプマスター!?」

 

と、気づいた時には降下するスポットが限られ、中途半端なジャンプをし、良いスポットにはいけずアイテムが揃わないまま、ろくに戦うこともできず時間だけがすぎ走り回って、中途半端な装備で最終局面ということにもなりかねません。

 

また、ジャンプマスターの譲渡があると部隊に初心者さんがいるのではと、不安感がよぎり士気がさがる要因にもなりますのでむやみやたらに譲渡するのはやめましょう。

 

ジャンプマスターの誇りをもってシャキッと判断し、仲間を良いスポットへ導きましょう。

 

ダウン中のシグナル連打

ダウンされた際は、シグナルを出し敵の位置を知らせることが出来ます。

 

自分が倒し損ねた敵のとどめをさしてくれとシグナルを連打してしまうのはわかりますが、これはやめましょう。

 

仲間も闘っているのです。

連打されると焦ってしまいます。

それに画面上に赤いピンがたくさん立つと仲間の視界を遮ってしまうことにもなります。

さらにシグナルの効果音がうるさく、敵の位置を性格に把握しづらくなります。

 

ようは集中してる人にガヤガヤ煽るのはやめましょうということです。

 

敵の位置を教えるのに最低限のシグナルを立て、それ以外は大人しく待っているのがベストです。

 

仲間のことをおもうのであれば、待つことも大切になります。

 

ジャンプ着地後の荷物漁りで執拗に仲間にくっつく

さみしいし怖いのはわかりますw

しかし、これはやめましょう。

 

理由はわかると思いますが、仲間同士でアイテム探索を競っても何もいいことがないので。

 

まずはそれぞれが最低限の装備を持つことが大切なのです。

そのためにもジャンプ降下地点はかぶらないよう、付かず離れずを意識して散開しましょう。

 

そもそも仲間よりも良いアイテムを独占したところで、あなた一人で闘えますか?その武器装具があれば無双できますか?

 

仲間の助け合ってのチャンピオンでしょう。

 

譲り合いの精神を忘れず、降下地点も少し考えて決めるようにしましょう。

 

クリアリング無しでの蘇生

クリアリングとは敵などの危険要素を排除することです。

 

敵がまだ居るのに蘇生させるのはご法度。

すぐに助けてあげたい、その気持ちや行動は賞賛に値します。

しかし、蘇生中は部隊員3人中2人が無防備になる状態を意味し、そこを攻撃されると一気に不利になります。

これで部隊が壊滅しては意味がありません。

 

まずは戦況を把握し、安全確認です。

銃声や足音などの物音に耳をすまし、撃ち抜かれる場所ではないか目で確認し、安全な状況であれば問題ありません。

さらに残りの仲間がそばにいて護衛すれば完璧です。

 

ただ、安地が迫ってきている場面や時と場合によっては有無も言わさず即蘇生をする必要などもありますので経験をつみ判断できるようになりましょう。

 

まとめ

色々と書きましたが、ほかにも色々あると思うのでまた思いついたら書きますw